忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/12 23:13 】 |
黒田官兵衛とは
黒田官兵衛と言っても、イメージがわかない方は、秀吉に仕えていた黒田孝高、黒田如水の名前を聞けば、思い出す方も多いと思います。
黒田官兵衛という人物、実は全戦全勝で、なんと負け知らずの人だったのです。
まさに戦いの天才であり、頭もよかったことから、文武両道の知将とも呼ばれていました。
さらに、信仰の厚いキリシタンでもあったそうです。
地元、姫路の観光材料として、黒田官兵衛は大きな存在であり、黒田官兵衛が偉大な軍師であればあるほど、観光スポットに多くの人が訪れてくれるきっかけにもなります。
ですから、このようなほめ言葉は、姫路の方にとっても嬉しいでしょうが、一方、黒田官兵衛は、かなりの策略家だったと、けなされていることもあります。
黒田官兵衛という人物は、本当はどのような人だったのか、ここでひとつエピソードをご紹介したいと思います。
1582年のことですが、織田信長の命令を受けた豊臣秀吉は、中国の毛利を討つために、備中、高松城に向かいました。
備中、高松城は、今で言うと岡山県です。
前代未聞の戦略と言われている水攻めによって、高松城は落城寸前でした。
そんな時、秀吉に知らされたことは、本能寺で明智光秀が裏切ったことであり、信長死亡という大事件でした。
呆然とする秀吉の耳元で、黒田官兵衛が言った言葉は「これで天下が見えてきましたな」。
秀吉は黒田官兵衛の言葉でわれに返り、毛利氏を討つために攻めていたのですが、一転、和議を結びました。
そして、裏切り者の光秀を倒すため京へ急いで引き返しました。
PR
【2014/05/08 17:49 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<黒田官兵衛とは続き | ホーム | Vカットブーティ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>